2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

カテゴリ:4.5 攻撃魔法について の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

4.5 攻撃魔法について

 【23//2011】

マゲ=カタでは、索敵周期間に安全に攻撃魔法を詠唱するわけですが、こちらの攻撃魔法が当たった瞬間、モンスター側もこちらをターゲットして反撃してきます。
そのため、攻撃魔法を撃ちこんだ後にインビジを間に合わせなければいけません。

攻撃魔法には発動後、モンスターに命中するまで遅延時間があります。
代表的な魔法の遅延時間は以下の通りです。

①遅延時間0秒の魔法
 ハーム、ライトニング、チェーンライトニング、ヘイルストーム(神秘)、ウィザー(ネクロ)
 ワードオブデス(SW)

②遅延時間1秒の魔法
 ファイアーボール、エネルギーボルト、ファイアーストライク、メテオスウォーム、ボンバード(神秘)
 アースクエイク マインドブラスト

③遅延時間3秒の魔法
 マインドブラスト、エクスプロージョン

④遅延時間が変化する魔法
 メテオスウォーム、チェーンライトニング

攻撃魔法を発動した後、命中するまでの遅延時間が長いほうがインビジは間に合いやすくなります。
FC 2 CR 5あれば、遅延時間1秒の魔法でもモンスターの攻撃魔法による反撃の前にインビジを間に合わせることができます。

実はモンスターはプレイヤーをターゲットしてから2秒間は攻撃魔法を撃ってきません。
そのため、十分にインビジが間に合うわけです。

モンスターの殴りや弓、投擲はダメージを受けた瞬間に反撃してきますので、弓や投擲武器をもつモンスターとは戦いずらいのと、モンスターに近づきすぎて戦っていると接近して殴られてしまうので注意が必要です。



攻撃魔法には、物理、炎、冷気、毒、エネルギーの属性がありますので、戦うモンスターによって使い分けるのですが、特にマゲ=カタで良く使われるのはエクスプロージョンとエネルギーボルトです。

この二つの魔法は、ダメージとマナ消費の効率がよく遅延時間もあるため使いやすいうえに、4.4 索敵周期で述べたように詠唱時間の関係で索敵周期14秒にインビジのタイミングを合わせやすいからです。

フレームストライクもダメージが大きく遅延もあるので使いたいところですが、詠唱時間がやや長いため索敵周期と同期できないと思います。

神秘のボンバードはエネルギーボルトと同じ性能ですので、マゲ=カタで使いやすい魔法と言えます。

炎系に弱点のあるモンスターには、エクスプロージョン>エネルギーボルト>インビジのコンボを、炎系に強いモンスターには、エネルギーボルト>インビジのコンボを使うのが一般的です。


エクスプロージョンは3秒の遅延時間があるため、発動したのちエネルギーボルトを撃つとほぼエクスプロージョンとエネルギーボルトとが同時に命中します。
そのため、それからインビジを唱えても十分に間に合います。
エクスプロージョンは、コンボの起点としてよくつかわれる攻撃魔法です。


攻撃魔法についての動画を掲載します。 

攻撃魔法について(約7分)



追記:誤情報を修正しました。
スポンサーサイト

Category: 4.5 攻撃魔法について

Theme: Ultima Online

Genre: オンラインゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。